ホーム

カトリさん、飛ぶー航空自衛隊浜松広報館 (エアーパーク)への旅

2018.11.01
カトリさん

カトリさんと行くドライブの旅

…第一回目 「カトリさん、飛ぶ」

 

♦いざ浜松基地へ

カトリさんがセカンドステージから少し車を走らせると、道沿いに広大な敷地が見えてきました。

浜松基地です!

 

少し手前の看板には、今回訪れた「航空自衛隊浜松広報館 (エアーパーク)」への案内が!

 

館内へ入る前から、大きな機体が見えて大興奮。↑上の写真は、F-86F 初代ブルーインパルスです。

この迫力には誰もが圧倒されてしまうに違いないはず。

 

♦展示資料館

まずは向かって左側にある「展示資料館」へ。中には機体とそれぞれ資料が展示されています。

映像やパネルで丁寧に説明されているので、詳しくないという人でも楽しむことができます。

 


 F-1戦闘機!雰囲気が違い、なんだか圧を感じます…!上に登ってコックピットを見ることもできます。

 

ブルーインパルスの制服や写真が展示されていました。ブルーインパルスは、アクロバティック飛行をするチームで、毎年この浜松基地でもエアフェスタ浜松というイベントで飛行を見ることが出来ます。

この時期が近付くと、セカンドステージからも練習飛行するブルーインパルスの姿や音が…

館内に全天空シアターがあり、一日に六回ほど上映が行われていて、そこでもブルーインパルスの飛行を大きなスクリーンで見ることが出来ます。

 

二階へ上がるとシミュレーターがあり、離陸飛行などのシミュレーションをしたのですが…

 

二回やって二回墜落。飛ぶなと言われている気がしました。(鳥なのに…)

 

二階のレストランには自衛隊っぽいカレーや浜松感溢れるカレーなど、何故かカレーばかり種類豊富に用意されています。

※カレー以外のメニューもたくさんあります。

 

♦展示格納庫

続いて、隣の建物「展示格納庫」へ。とにかくたくさん!ヘリから戦闘機までたくさんの機体が同じ空間に集まっている…。

ここでは実際に機体に乗って操縦シミュレーションが出来たり、フライトスーツに着替えて写真撮影をすることが出来ます。

 

たまたま飛行訓練の時間で飛ぶ瞬間を目撃しました!次々に飛び立っていく…どこにいくんだろう。

 

戦争に使われていた、あの有名なゼロ戦(零式艦上戦闘機)が上からぶら下がっていました。

名前は聞いたことがあっても実際に実物大で見る体験は貴重です。

 

ブルーインパルスに乗って記念写真もパシャリ。その場にいたスタッフさんが撮ってくれました。

 

♦お土産も買っちゃう

出たところにお土産屋さんを発見。お菓子やプラモデル、各部隊のワッペンなどいろんなグッズが販売されています。

レストランにあったレトルトカレーもここに売ってありました。

 

♦浜松航空基地(エアーパーク)

浜松航空基地(エアーパーク)、見るだけでなく体験できるブースが多く、子どもから大人まで楽しめる施設でした!

そんなエアーパークは、セカンドステージから車で約17分!ぜひショールームに遊びに来たついでに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

航空自衛隊浜松広報館(エアーパーク)
駐車場:あり(無料)
セカンドステージから片道:17分
営業時間:9:00~16:00
入場料:無料
定休日:月曜、最終火曜(月曜が祝日の場合は翌平日休)、3月は第2週火~木曜(12月28日~翌1月4日休、臨時休あり)

 

 

The following two tabs change content below.

カトリさん

旅行したり、ドライブするのが好きです。 運転は出来ないんですけどね(笑)